どんなタイプの立体駐車場でも設置できるのですか?

昇降式、昇降横行式(パズル式)は、ほとんどの機種が対象となります。地下式やタワー式(地下循環方式・エレベーター方式・垂直循環方式)にも一部対応しております。メーカーや型番により異なりますので、詳細はお問い合わせください。

今まで通り駐車場としても使えますか?

P-Cubeは、空車区画のみをピンポイントでトランクルームとして有効利用することができる立体駐車場収納ユニットです。そのため稼働中の機械式駐車場は休止することなく、車と収納庫の共存が可能です。

地下式の駐車場だから湿気が心配だけど大丈夫ですか?

一般的な立体駐車場は自動車や駐車場本体の湿気を最小限にとどめるために、 ポンプにより水を出す設備や止水措置(地中の水を止める装置)、または換気の設備が設けられているので、これらが正常に稼働していればそこまで心配はいりません。ただ、地上に比べると地下は湿気が多い場合もありますので、湿気に弱いものの保管は避けていただいた方が良いかと思います。収納庫内に市販の除湿剤を置いていただくことで、湿気は軽減されます。

屋外への設置は可能ですか?

P-Cubeは防水設計となっていますので、屋外でも安心してお使いいただけます。

設置にかかる期間はどれくらいですか?

P-Cubeは通常1ユニット(1パレット)あたり1日で設置可能です。

工事期間中、立体駐車場は利用できますか?

工事期間中も通常通りお車の入出庫は可能です。

パレット(駐車スペース)を塗装するときはどうすればいいですか?

P-Cubeは設置後も取り外し・再設置が可能です。パレットを塗装する必要がある場合は一旦取り外し、塗装後に再設置を行います。P-Cubeを導入する際、パレットの劣化状況を事前に診断し、錆などで補修や塗装をする必要がある場合は、P-Cube設置前に塗装を行ってから設置を行いますのでご安心ください。

建築基準法に違反していませんか?

P-Cubeは建築基準法第2条第1号に規定する貯蔵槽に類する施設として分類され、建築物には該当しません。したがって、建築確認等の手続きは不要です。

P-Cubeを設置することで駐車場メーカーの保証はなくなりませんか?

製造メーカーの保証期間は通常1年間となっているため、1年以上経過している機械式駐車場は、既にメーカーの保証範囲外となります。 また、製造メーカーはどんな場合でも製造者の瑕疵による不具合については、(当社のP-Cubeを利用するしないに関わらず)責任を負います。もちろん、当社のP-Cubeが原因で起こった事故や故障については、当社が責任を負います。

機械式駐車場メンテナンス(保守)会社がP-Cubeの設置をダメと言わないですか?

基本的に立体駐車場はオーナー及びマンション管理組合の所有物となりますので、メンテナンス会社に許可を得る必要はないですが、メンテナンス会社の自社で取り付けたものではない製品の責任を負わされるのではないかという心配を取り除くために、「設置に関わる不具合については、当社が責任を持つこと」をお伝えいただきご対応いただいております。どうしてもメンテナンス会社が保守を受けていただけない場合には、「機械式駐車場メンテナンス専門会社」をご紹介することができますのでご安心ください。

分譲マンションに設置を検討しているのですが、理事会や総会に出席して説明してもらうことは可能でしょうか?

はい、もちろん可能です。お問い合わせフォームやお電話でお問い合わせください